映画「シンク・オア・スイムーイチかバチか俺たちの夢―」公式サイト » CAST&CHARACTER

マチュー・アマルリック
Mathieu Amalric

1965年10月25日、フランス・オー=ド=セーヌ県ヌイイ・シュル・セーヌ生まれ。1984年に『Les Favoris de la lune』で映画デビュー。1996年公開のアルノー・デプレシャン監督『そして僕は恋をする』ではセザール賞有望若手男優賞を受賞、内外にその存在感を発揮した。1997年には『Mange ta soupe』で映画監督デビュー。2004年公開の『キングス&クイーン』と2007年公開の『潜水服は蝶の夢を見る』で、セザール賞主演男優賞を受賞。同作はアカデミー賞に4部門でノミネートされアメリカでも彼の名が知られるようになった。 2005年公開の『ミュンヘン』や、2008年公開の『007 慰めの報酬』といったアメリカ映画にも出演。 2010年公開の監督作品『さすらいの女神たち』が第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、監督賞を受賞するとともに、国際映画批評家連盟賞を受賞。 また2016年には黒沢清監督の『ダゲレオタイプの女』にも出演。2017年には『バルバラ セーヌの黒いバラ』にて監督・脚本・出演を務めた。

ギョーム・カネ
Guillaume Canet

1973年4月10日、フランス・ブローニュ=ビヤンクール生まれ。『Barracuda』(97/未)で長編映画デビューを果たし、『ザ・ビーチ』(00)でレオナルド・ディカプリオと共演した。2006年の『唇を閉ざせ』では、第32回セザール賞の監督賞を受賞。そのほか主な出演作は『ナルコ』(04)、『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』(09)、『ターニング・タイド 希望の海』(13)、『疑惑のチャンピオン』(15)、『セザンヌと過ごした時間』(16)など。また監督としての手腕も高く評価されており、これまでに『マイ・ブラザー 哀しみの銃弾』(13)など4本の長編を発表している。

ブノワ・ポールヴールド
Benoît Poelvoorde

1964年9月22日、ベルギー・ナミュール生まれ。フランス映画界のコメディの天才と称され、コメディからシリアスまで幅広い役をこなす。92年、原案から監督、脚本、撮影、主演をこなした『ありふれた事件』を発表。この作品は、カンヌ国際映画祭批評家賞をはじめ、数々の映画賞に輝いた。02年には、大ヒットコメディ『ル・ブレ』に出演し、若手俳優に贈られるジャン・ギャバン賞を受賞するなどで人気になる。その他出演作に『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』(04)、『ココ・アヴァン・シャネル』(09)、『チャップリンからの贈りもの』(14)
など。

ジャン=ユーグ・アングラード
Jean-Hugues Anglade

1955年7月29日、フランス・ドゥー=セーヴル県トゥアール生まれ。父は獣医。10代の頃から音楽に目覚め、バンドを組んでプロ・デビューを目指していたが、75年からパリのコンセルヴァトワールで演劇を学び、78年にプロ・デビュー。TVの方には77年から出演していたが、映画へは82年に初出演して、83年の『傷ついた男』でセザール賞の有望若手賞候補となる。以降、『サブウェイ』(84)、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(86)、『インド夜想曲』(88)でもノミネートされた。その後『ニキータ』(90)、『キリング・ゾーイ』(93)と話題作にも出演。94年の『王妃マルゴ』でセザールの助演賞に輝いた。96年には『マキシマム・リスク』でアメリカにも進出。97年には『裸足のトンカ』で監督、脚本にも挑戦している。

フィリップ・カトリーヌ
Philippe Katerine

1968年12月8日、フランス・シャントネー生まれ。20歳過ぎから本格的に活動を始め、シンガー・ソングライター、プロデューサーとしてフレンチ・ポップ界で活躍する男性アーティスト。1992年に1stアルバム「Les marriage chinois」で正式にデビュー。その後、1995年に発表した「エデュカション・アングレーズ」で日本デビュー。その後カヒミ・カリィのプロデュースを手掛け、日本でも2.5万枚を超えるヒットとなり話題となる。99年の2枚組アルバム「2つの顔を持つ男」でムーディなフレンチ・ポップ、アコースティックなフォーク・ポップを披露。03年3月「8番目の天国」をリリースほか、現在も精力的な音楽活動を行っている。

ヴィルジニー・エフィラ
Virginie Efira

1977年5月5日、ベルギー・ブリュッセル生まれ。フランスではロマンティック・コメディのヒロインとして高い人気を獲得している。主な出演作は『ターニング・タイド 希望の海』(13)、ジャン・デュジャルダン共演の『おとなの恋の測り方』(16)、『エル ELLE』(16 )など。ヴァンサン・ラコスト、メルヴィル・プポー共演の『Victoria』(16/未)でセザール賞にノミネートされ、演技派女優としての地位も確立する。

レイラ・ベクティ
Leïla Bekhti

1984年3月6日、フランス・オー=ド=セーヌ県イシー=レ=ムリノー生まれ。フランスの人気女優で数々の映画やドラマに出演している。代表作は『パリ、ジュテーム』(06)、『ジョルダーニ家の人々』(10)、『よりよき人生』(11)、『虚空の鎮魂歌』(12)など。